桜蔭に合格した私が中学受験を振り返る

平凡な私が桜蔭学園の入試を突破した方法

入塾時期はいつがベスト?

 

いつ入塾させるべきなのか?

 

我が子をいつから塾に入れるか…
それは、大きな悩みではないでしょうか?

 
もちろん自分で行きたいと言いだすのを待つのも良いです!
が、なかなか小学生の間に塾に行きたいという子は多くはありません。

 
中学受験と聞いて、親が無理矢理させていると考える方もいらっしゃいます。


しかし、私は中学受験に関して言えば、親が塾に入れるという選択をし、子供に教育の機会を提供するのは、別にいいのでは、という考えです。


やはり、小学生という時期は、勉強の楽しさを気づくのが難しいですが、学ぶ吸収力は一番高い時期です。


なので、塾に入れてもし気に入ってるようなら続けさせて、嫌がったら辞めよう、という前提で塾に送り出すのがいいのではないでしょうか?



では、本題に戻ります。

筑駒、桜蔭、開成など超難関校に合格する人には、様々な人がいます。

アメリカ帰りで小学5年生から塾に行き、桜蔭に受かった人もいれば、1年生の時から塾に通い、筑駒に受かった人もいます。

 

一概にいつがいいとは言えません。その人の素質次第です。
もしあなたが、またはあなたのお子さんが天才ならば、
小学6年生入塾でも超難関校に受かるかもしれません。

 

ただ、普通は

小学6年生入塾はおすすめしません。

小学6年生のカリキュラムは、主に復習と入試問題対策となってきます。つまり、基礎がなっていることが前提の進み具合です。 

もちろん小学6年生まではZ会等を使い、家庭で勉強をし、
受験生の1年間だけを塾に頼るのもアリかもしれません。

ただ、中学受験は学校などで習う知識より、深く、広いものとなっているため、その莫大な範囲を小学生が独学で完璧に学ぶのは厳しいです。

 

本当に受験に必要な知識を入れるためには、
小学4年生の入塾で十分です。

 

では、なぜ小4なのでしょうか?

中学受験は、スタートが遅れては行けません。
ただ、早ければ早いほどいいわけでもないのです。

 
小4入塾をすすめる理由

1.小4から入試に必要な知識を教え始める

小3までは、どちらかというと公立校でも習うような知識でした。
つまり学校の復習です。

それでは、入試に打ち勝つことは不可能です。

しかし、小4からは学校の先取り、また中学入試で必要な勉強が始まります。

例えば…

国語が選択肢だけでなく記述式が増えたり、
算数は円の面積を出すなどの先取り
理科、社会は、学校では要求されないほどの暗記が始まります。

これらの知識を小学6年生の9月までに完璧にすることで
入試の合格は見えてくるでしょう。

 

    2. 知識を反復する期間を増やせる

1.で言及したように、小4から塾では知識を入れ始めます
そして、この知識の復習を繰り返します。

つまり小4で習ったことを、小5、小6までテストや日々の授業を通して、反復演習が続きます。


では、小5入塾でいいじゃないか?


確かにそうです。
しかし、一回習っただけで完璧にできますか?


多くの人は反復によって、暗記し学びます。
そのため小4で知識を吸収し、小5まで反復を繰り返すことで
より知識の定着を見込めます。



3. 逆転が可能

小4から、塾内でのクラス分け競争が激しくなります。
しかし、小4の時のクラスというのは、素質の部分が大きいです。


小6になると、上位クラスにいる人は全員超がつくほどの努力家です。
しかし小4までは、努力家もいれば、素質(理解力など)に頼っている人もいます。

つまり、理解力が高い子がクラス競争を勝ち抜くことが多いのです。



しかし、それは小4の秋までです。


今まで、素質に頼っていた子はズリズリとクラスを下げていくでしょう。言い換えると、小4で努力をし始めれば、たとえこれといった素質がなくても、上位クラスにいくことができます。


小4入塾をすることで、素質の有無に関わらず、
小5、小6時のクラス、成績を安定させ、
最終的には桜蔭、筑駒、開成などの最難関入試を突破できます。