桜蔭に合格した私が中学受験を振り返る

平凡な私が桜蔭学園の入試を突破した方法

桜蔭合格者が厳選!受験生にすべきサポート

 

今回は中学受験に対して親はどのようなサポートを受験生にすれば良いのか、について

考えていきたいと思います

 

 

前のブログで言ったように、勉強しなさいなどと怒鳴るなどして、

勉強を強要しないほうがいいと思っています。

 

私の親曰く、何もしないと言うのも少し手持ち無沙汰な感じをするらしいので...

何か親ができるサポートについて考えていきたいと思います。

 

 

塾まで迎えに来る

 

なんかちょっと過保護じゃないと思うかもしれませんが、やはり6年生になると質問教室、授業の延長等により帰りが9時過ぎる事、10時すぎることがありました。

 

その時に私の父親が迎えに来てくれた時は本当に助かりました。家からそんなに遠くないかもしれませんが、迎えに来てくれることことによって、質問教室等のサービスを思う存分使える。また、時間を気にせず質問ができるなど...すごく助かります。

 

 

勉強しているときは静かにする

 

勉強しているときに、隣で話したり、音楽をつけたり、テレビをつけたりすると、お子さんの集中力が減り、知識が身につかない可能性が十分にあります。

また隣でスマホやゲームなどをするのも、妨害していまうので、読書や新聞を読むなどが好ましいと思います。

勉強しているときは静かにするなど、家族内で決めると大きなサポートになります。

 

 

教材のファイリング

 

毎日のように教材は配られ、そして持って帰ってきます。その教材の中からテスト、また受験の範囲となってくるので、その教材をきれいにファイリングしてあげるといいです。

もちろん、お子さん自身がファイリングするのでもいいのですが、勉強以外に時間を割くのは勿体無いです。

私の母はサピックスの教材に穴開けパンチで穴を開けて、わかりやすくファイリングしたり、過去問を解く練習が始まると、過去問のコピーをしてくれました。

 

 

間違い直しノートの問題をコピーする

 

前回のブログで話をしたように、算数など間違い直しノートを作ることをお勧めします。

その時にやることとして、間違えた問題をコピーしないといけないのですが、コピーしてる時間がもったいないので、マルバツをつけたらその教材をまるまる親に渡して×が付いているところをコピーしてもらうようにすると、比較的効率の良い勉強ができます。

 

 

以上のことは、中学生高校生になればと自分でやる事なんですが、中学受験は小学生の間にあるものなので、このような事務的な作業と言うのはご両親の方が手伝うのもいいのではないかというのが私の考えです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

桜蔭に合格した私がやった算数勉強法!

 

女の子は算数が苦手。

 

よく言われますよね。確かに、男の子の算数好きと言うのはよくいますが...

かといって、女の子が算数が苦手というのは、嘘では?

 

私も小4の終わり頃まで、算数が苦手でしたが、小5あたりから算数が得意になり

受験直前には算数が一番得意になったと思います。

 

では、どのように伸ばしたのか...

とても地道な作業ですが、綴っていきたいと思います。

 

 

間違え直しノートを作る

これはあるあるですね。間違えノートを作ることで、自分の苦手意識を潰し

解ける問題を徐々に増やしていく作戦です。

 

算数は、正直わかんない問題はつまんなくて、ついついわかる問題をガツガツ解きたくなってしまう強化です。

 

しかし、そこで終わってしまってはあとで後悔します!

間違えたら、その問題をコピーし、ノートの左半分に貼りましょう。

で、また解き直しを右半分に書き込み、なぜ間違えたのか分析すること!

 

これが、算数を得意になるための近道です。

私は、SAPIXの算数で毎度偏差値50前半でした。しかし、これを始めたことで、

60代をとれるようになり、成績が安定したと思います。

 

 

算数のテストの最初の問題は確実に取る

SAPIXのマンスリーテスト、組み分けテスト、全て計算問題で始まっていると思います。

 

私の中で、最初の問題を落とした時はすごく点数が低いというジンクスがあって、

だからこそ、1問目を真剣に集中して解くことで、集中力が高まり、ケアレスミスがなくなりやすくなります。

 

なので、最初の問題は簡単だと思いますが、そこでだらけるのではなく、

しっかり真剣に集中して解いていきましょう。

 

 

質問教室に行く!

SAPIXには質問教室といって、授業後に個別に先生に質問ができる時間が設けられています。ぜひそれを活用してください。

 

私は、最初行きたくありませんでした。

 

友達と一緒に帰りたい

早く家に帰りたい

お腹すいた

疲れた

混んでる

先生と一対一なんて怖すぎる

 

等々。わかります、行きたくない気持ち笑

だけど、ここで勇気を出していくことで、成績はしっかり上がります。

 

質問教室に行ったからには、怖いからただ頷いてわかったふりをするのではなく、

納得するまで先生に聞きまくりましょう!

 

 

好きな先生を見つける

 

私は算数が苦手な時、正直算数の先生が嫌いでした。

だって、怖かった!とにかく怖かった笑

 

やはり、そういう先生のもとだと、授業中に質問もできなくて...

なので、質問教室の中なり、とにかく気の合う先生を見つけましょう。

 

そうすることで、算数という科目を少しは好きになれます。

先生の存在は意外と大きい!

 

 

 

そして、これは繰り返し言っていますが

計算練習を毎日する

計算練習は、地味で単純で...

でも、続けましょう。自分の気が付かないうちに、実力は伸びています。

 

私は、ハワイ旅行、九州旅行に行った時も、毎日計算練習をしていました。

計算練習、大事です!

 

 

 

このように、算数は毎日の繰り返しで徐々に伸びていく科目です。

1ヶ月や2ヶ月で急に伸びるものではないと思っています。

だからこそ、自分の成長が気づきにくく、途中でやめてしまうこともあると思います。

 

でも、自分を信じて、算数と戦う。それにより、受験を突破しやすくなる。

受験生の皆さん、頑張っていきましょう!!

 

中学受験に使える!桜蔭に合格した私が計算力を上げた方法

 

桜蔭の入試を突破した私が、どのように計算力をあげたのかを振り返っていきたいと思います。

 

計算力は、1日で変わるものではありません。日々の積み重ねです。


私は、小4のころは計算は遅く、算数が苦手でした。

しかし、計算力をあげたことで、マンスリーテストの算数で100点を取ったり、最終的に桜蔭、豊島岡、浦和明の星など受けた学校全て合格することができました。


私流計算力をあげた方法

  • 基礎トレ

計算力をあげるには、基礎トレを必ずやってください。

10分以内に終わらせて、8問以上は正解することをまず目標にしましょう。

それから、9問、10問と正答率をあげることを目指しましょう。

 

 

  • 円周率3.14の計算を暗記する

また、円周率3.14をかけた時の答えは完璧に暗記しましょう。

3.14×1

3.14×2

3.14×3

3.14×10

までは、完璧に、素早く言えるようにしましょう。
(九九と同じですね)

 

  • 二桁の計算暗記

また、

10×10

11×11

12×12

20×20  も最低限暗記しましょう。

 

これらは、必ず役に立つ暗記です。

計算すれば出てくるかもしれません。しかし、出来るだけ問題を正確に、早く解くにはこのような努力も必要です。

 

騙されたと思って、是非やってみてください。

子供の勉強のモチベーションをあげるには?

 

よくある中学受験のブログは、親御さん目線で綴られています。
しかし、中学受験をするのは子供です。
 

ということで、今回元受験生の目線から、親御さんがどのようにすれば、
子供の「勉強のモチベーション」をあげられるかについて考察したいと思います。

 

 

効果的な声がけ

まず、前回のブログの通り「勉強しなさい!」と叫ぶのは逆効果です。
モチベーションをあげるどころか、下げてしまいます。

「あとちょっと休憩したら、やろっか」など、今すぐやれというのではなく、
勉強態勢に入るまでの時間を少し与えてもらえると、私には効果的でした。

 


また、集中力が切れているな...と思ったら「集中しろ」と怒鳴ったりするのではなく、
「ここまで解き終わったら、お菓子にしよう」などがいいと思います。


この時の注意で、何時までやったらなど、時間制で区切るのはおすすめしません。

 

時間制で区切ると、集中力が切れているのにダラダラとやってしまったり、
もうめんどくさいからお菓子まで、簡単な問題を解いたり...

勉強は、わからない問題をなくすためにするものなのに、
簡単な問題をダラダラと解いていては、勉強してる意味がありません。

 

なので、量で区切るといいと思います。


また、量で区切った時、お菓子を食べたいが故に、
適当に解いて正答率が下がってしまっては意味がないです。

 

なので、解きおわったら一緒に丸付けをするなど、ある程度の緊張感を持たせ
丁寧に解かせるようにしましょう。

 

(この丁寧というのは、ノロノロ解く!のではなく、適度にスピード感があり
正答率を最大限に引き延ばす という意味です。)

 

 

 

自分も勉強する

 

私の父親は、「勉強しなさい」「自分も昔勉強すればよかった」が口癖でした。
しかし、勉強というのはそんなに簡単なものではありません。

 

なので、もし子供が勉強しないな...と思ったら、一緒に隣で勉強してみては
どうでしょうか?

 

もし、私の父親が「勉強を共にする」のであれば、もう少し親の言う事は
聞いたんじゃないかな?と回想しました笑

 

勉強していない人に、「勉強しろ」と言われても心に響きません。
なので、お子さんが勉強している間は、親御さんも読書なり、漢字なりする事で、
お子さんの意欲は高まると思います。

 

つまり、これは逆のことも言えて、お子さんが勉強している間に、
ゲームやスマホ、テレビなどは控えるといいと思います。

 

 

 

今あげられるのは、以上ですが、また思い返すうちに

これもあったということがあれば、随時綴っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「勉強しなさい」と言うと子供の成績が下がる⁈

 

受験は、その子次第です。

しかし小学生の場合、「勉強しなさい」と言わないと、
勉強どころか机に座りもしない ...ことは多いと思います。

 

私も小4の間ずっと「勉強しなさい」と言われて、勉強していました。
しかし、成績は安定せず、アルファクラス(SAPIXの上位クラス)に行けずにいました。

(いつもアルファクラスの一つ下か二つ下でした)

 

しかし小5になると、アルファクラスに行けるようになり、
α1やα2にいることがほとんどになりました。

 

この小4と小5の間に何が起きたかというと...


親が「勉強しなさい」と言わなくなった

これは、私の成績が上昇、安定した理由の一つだと思っています。

 

 

「勉強しなさい」は意欲を下げる?

「勉強しなさい」は、最初に勉強グセをつけるために
親御さんが声がけするといいと思います。

しかし、「あとちょっとしたら、勉強しよっか?」など言い方を工夫することをおすすめします。

 

 

しかし、ずっと「勉強しなさい」と親が促してばかりだと

 

「勉強しなさい」と言われる=勉強しなくてはいけない

「勉強しなさい」と言われない=勉強しなくていい

 

と言う様に、親が言わなかったり、親が不在の時は勉強しない子になってしまいます。

 

それでは、中学受験を乗り切ること、身につく勉強をするのは不可能です。

 

なので、最初の3ヶ月は「勉強しなさい」と言うのはいいですが、

それ以降は控えることをおすすめします。

 

 

 

でも、勉強しない時はどうすれば...

なかなか勉強をしない子供を見て、イライラや焦りを覚える方もいると思います。

しかし、自分が子供の時を思い出してみてください。

 

「勉強しなさい」と言われてやっても、何十時間も勉強できますか?

きっと、3時間以内に集中力は切れてしまいます。

 

「これとこれやったら、お菓子にしようっか」などと言って、

いい方向にモチベーションをあげるようにしてください。

 

 

モチベーションの上げ方については、次回お話ししたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

桜蔭生がおすすめする、毎日すべき!中学受験対策ベスト3

 

今回は、コロナによって塾が休みの中、
今すべき受験対策ベスト3を発表!

 

今やるか、やらないかで相当差が出ます。
このような休みの時、成績をあげることも、下げることも可能です。

塾がないというのは、大変ですが、頑張って乗り切っていきましょう

 

  • 中学受験対策ベスト1: 理科・社会の暗記強化

理科と社会は暗記科目です。
もちろん知識だけでなく応用力も必要ですが、それは暗記していることが前提です。しっかり毎日繰り返しましょう。


SAPIX生は、アプラスを十分に活用してください!


理科と社会の暗記と聞いた時、必死にノートを作る人がいますが、
それを見返さないと全く意味がなく、時間のロスです。

作ったならそこで満足せず、しっかりと見返しましょう。

 

  • 中学受験対策ベスト2: 算数の計算力強化

これは、毎日やっている人が多いのではないでしょうか?
もし、やっていなかったらしっかりやりましょう。


計算力のスピードと正確性は、必ず入試の結果を大きく分けます。


SAPIX生は「基礎力トレーニング(基礎トレ)」を毎日やることをおすすめします。タイマーを使って、10分以内に終わるよう頑張りましょう!

 

  • 中学受験対策ベスト3: 漢字の強化

桜蔭の入試は、漢字問題は少ないです。
しかし、漢字という暗記で済む問題を落としては勿体無い。

また、桜蔭の国語は記述式ばかりで有名ですが、
この記述の中で漢字を間違えたら、これも減点です。

つまり、漢字は漢字テストだけでなく、
記述式の国語回答の中でも非常に必要とされる能力です。

 
コロナの間に、漢字の勉強をして周りと差をつけていきましょう!



これらは、基本のことでもうすでにやっている方が多いと思います。ただ裏を返すと、これらをサボることは大きな痛手で、他の人と差が開いてしまいます。

受験は大変だと思いますが、頑張っていきましょう!

入塾時期はいつがベスト?

 

いつ入塾させるべきなのか?

 

我が子をいつから塾に入れるか…
それは、大きな悩みではないでしょうか?

 
もちろん自分で行きたいと言いだすのを待つのも良いです!
が、なかなか小学生の間に塾に行きたいという子は多くはありません。

 
中学受験と聞いて、親が無理矢理させていると考える方もいらっしゃいます。


しかし、私は中学受験に関して言えば、親が塾に入れるという選択をし、子供に教育の機会を提供するのは、別にいいのでは、という考えです。


やはり、小学生という時期は、勉強の楽しさを気づくのが難しいですが、学ぶ吸収力は一番高い時期です。


なので、塾に入れてもし気に入ってるようなら続けさせて、嫌がったら辞めよう、という前提で塾に送り出すのがいいのではないでしょうか?



では、本題に戻ります。

筑駒、桜蔭、開成など超難関校に合格する人には、様々な人がいます。

アメリカ帰りで小学5年生から塾に行き、桜蔭に受かった人もいれば、1年生の時から塾に通い、筑駒に受かった人もいます。

 

一概にいつがいいとは言えません。その人の素質次第です。
もしあなたが、またはあなたのお子さんが天才ならば、
小学6年生入塾でも超難関校に受かるかもしれません。

 

ただ、普通は

小学6年生入塾はおすすめしません。

小学6年生のカリキュラムは、主に復習と入試問題対策となってきます。つまり、基礎がなっていることが前提の進み具合です。 

もちろん小学6年生まではZ会等を使い、家庭で勉強をし、
受験生の1年間だけを塾に頼るのもアリかもしれません。

ただ、中学受験は学校などで習う知識より、深く、広いものとなっているため、その莫大な範囲を小学生が独学で完璧に学ぶのは厳しいです。

 

本当に受験に必要な知識を入れるためには、
小学4年生の入塾で十分です。

 

では、なぜ小4なのでしょうか?

中学受験は、スタートが遅れては行けません。
ただ、早ければ早いほどいいわけでもないのです。

 
小4入塾をすすめる理由

1.小4から入試に必要な知識を教え始める

小3までは、どちらかというと公立校でも習うような知識でした。
つまり学校の復習です。

それでは、入試に打ち勝つことは不可能です。

しかし、小4からは学校の先取り、また中学入試で必要な勉強が始まります。

例えば…

国語が選択肢だけでなく記述式が増えたり、
算数は円の面積を出すなどの先取り
理科、社会は、学校では要求されないほどの暗記が始まります。

これらの知識を小学6年生の9月までに完璧にすることで
入試の合格は見えてくるでしょう。

 

    2. 知識を反復する期間を増やせる

1.で言及したように、小4から塾では知識を入れ始めます
そして、この知識の復習を繰り返します。

つまり小4で習ったことを、小5、小6までテストや日々の授業を通して、反復演習が続きます。


では、小5入塾でいいじゃないか?


確かにそうです。
しかし、一回習っただけで完璧にできますか?


多くの人は反復によって、暗記し学びます。
そのため小4で知識を吸収し、小5まで反復を繰り返すことで
より知識の定着を見込めます。



3. 逆転が可能

小4から、塾内でのクラス分け競争が激しくなります。
しかし、小4の時のクラスというのは、素質の部分が大きいです。


小6になると、上位クラスにいる人は全員超がつくほどの努力家です。
しかし小4までは、努力家もいれば、素質(理解力など)に頼っている人もいます。

つまり、理解力が高い子がクラス競争を勝ち抜くことが多いのです。



しかし、それは小4の秋までです。


今まで、素質に頼っていた子はズリズリとクラスを下げていくでしょう。言い換えると、小4で努力をし始めれば、たとえこれといった素質がなくても、上位クラスにいくことができます。


小4入塾をすることで、素質の有無に関わらず、
小5、小6時のクラス、成績を安定させ、
最終的には桜蔭、筑駒、開成などの最難関入試を突破できます。