桜蔭に合格した私が中学受験を振り返る

平凡な私が桜蔭学園の入試を突破した方法

桜蔭合格者が厳選!受験生にすべきサポート

 

今回は中学受験に対して親はどのようなサポートを受験生にすれば良いのか、について

考えていきたいと思います

 

 

前のブログで言ったように、勉強しなさいなどと怒鳴るなどして、

勉強を強要しないほうがいいと思っています。

 

私の親曰く、何もしないと言うのも少し手持ち無沙汰な感じをするらしいので...

何か親ができるサポートについて考えていきたいと思います。

 

 

塾まで迎えに来る

 

なんかちょっと過保護じゃないと思うかもしれませんが、やはり6年生になると質問教室、授業の延長等により帰りが9時過ぎる事、10時すぎることがありました。

 

その時に私の父親が迎えに来てくれた時は本当に助かりました。家からそんなに遠くないかもしれませんが、迎えに来てくれることことによって、質問教室等のサービスを思う存分使える。また、時間を気にせず質問ができるなど...すごく助かります。

 

 

勉強しているときは静かにする

 

勉強しているときに、隣で話したり、音楽をつけたり、テレビをつけたりすると、お子さんの集中力が減り、知識が身につかない可能性が十分にあります。

また隣でスマホやゲームなどをするのも、妨害していまうので、読書や新聞を読むなどが好ましいと思います。

勉強しているときは静かにするなど、家族内で決めると大きなサポートになります。

 

 

教材のファイリング

 

毎日のように教材は配られ、そして持って帰ってきます。その教材の中からテスト、また受験の範囲となってくるので、その教材をきれいにファイリングしてあげるといいです。

もちろん、お子さん自身がファイリングするのでもいいのですが、勉強以外に時間を割くのは勿体無いです。

私の母はサピックスの教材に穴開けパンチで穴を開けて、わかりやすくファイリングしたり、過去問を解く練習が始まると、過去問のコピーをしてくれました。

 

 

間違い直しノートの問題をコピーする

 

前回のブログで話をしたように、算数など間違い直しノートを作ることをお勧めします。

その時にやることとして、間違えた問題をコピーしないといけないのですが、コピーしてる時間がもったいないので、マルバツをつけたらその教材をまるまる親に渡して×が付いているところをコピーしてもらうようにすると、比較的効率の良い勉強ができます。

 

 

以上のことは、中学生高校生になればと自分でやる事なんですが、中学受験は小学生の間にあるものなので、このような事務的な作業と言うのはご両親の方が手伝うのもいいのではないかというのが私の考えです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。