桜蔭に合格した私が中学受験を振り返る

平凡な私が桜蔭学園の入試を突破した方法

子供の勉強のモチベーションをあげるには?

 

よくある中学受験のブログは、親御さん目線で綴られています。
しかし、中学受験をするのは子供です。
 

ということで、今回元受験生の目線から、親御さんがどのようにすれば、
子供の「勉強のモチベーション」をあげられるかについて考察したいと思います。

 

 

効果的な声がけ

まず、前回のブログの通り「勉強しなさい!」と叫ぶのは逆効果です。
モチベーションをあげるどころか、下げてしまいます。

「あとちょっと休憩したら、やろっか」など、今すぐやれというのではなく、
勉強態勢に入るまでの時間を少し与えてもらえると、私には効果的でした。

 


また、集中力が切れているな...と思ったら「集中しろ」と怒鳴ったりするのではなく、
「ここまで解き終わったら、お菓子にしよう」などがいいと思います。


この時の注意で、何時までやったらなど、時間制で区切るのはおすすめしません。

 

時間制で区切ると、集中力が切れているのにダラダラとやってしまったり、
もうめんどくさいからお菓子まで、簡単な問題を解いたり...

勉強は、わからない問題をなくすためにするものなのに、
簡単な問題をダラダラと解いていては、勉強してる意味がありません。

 

なので、量で区切るといいと思います。


また、量で区切った時、お菓子を食べたいが故に、
適当に解いて正答率が下がってしまっては意味がないです。

 

なので、解きおわったら一緒に丸付けをするなど、ある程度の緊張感を持たせ
丁寧に解かせるようにしましょう。

 

(この丁寧というのは、ノロノロ解く!のではなく、適度にスピード感があり
正答率を最大限に引き延ばす という意味です。)

 

 

 

自分も勉強する

 

私の父親は、「勉強しなさい」「自分も昔勉強すればよかった」が口癖でした。
しかし、勉強というのはそんなに簡単なものではありません。

 

なので、もし子供が勉強しないな...と思ったら、一緒に隣で勉強してみては
どうでしょうか?

 

もし、私の父親が「勉強を共にする」のであれば、もう少し親の言う事は
聞いたんじゃないかな?と回想しました笑

 

勉強していない人に、「勉強しろ」と言われても心に響きません。
なので、お子さんが勉強している間は、親御さんも読書なり、漢字なりする事で、
お子さんの意欲は高まると思います。

 

つまり、これは逆のことも言えて、お子さんが勉強している間に、
ゲームやスマホ、テレビなどは控えるといいと思います。

 

 

 

今あげられるのは、以上ですが、また思い返すうちに

これもあったということがあれば、随時綴っていきたいと思います。