桜蔭に合格した私が中学受験を振り返る

平凡な私が桜蔭学園の入試を突破した方法

「勉強しなさい」と言うと子供の成績が下がる⁈

 

受験は、その子次第です。

しかし小学生の場合、「勉強しなさい」と言わないと、
勉強どころか机に座りもしない ...ことは多いと思います。

 

私も小4の間ずっと「勉強しなさい」と言われて、勉強していました。
しかし、成績は安定せず、アルファクラス(SAPIXの上位クラス)に行けずにいました。

(いつもアルファクラスの一つ下か二つ下でした)

 

しかし小5になると、アルファクラスに行けるようになり、
α1やα2にいることがほとんどになりました。

 

この小4と小5の間に何が起きたかというと...


親が「勉強しなさい」と言わなくなった

これは、私の成績が上昇、安定した理由の一つだと思っています。

 

 

「勉強しなさい」は意欲を下げる?

「勉強しなさい」は、最初に勉強グセをつけるために
親御さんが声がけするといいと思います。

しかし、「あとちょっとしたら、勉強しよっか?」など言い方を工夫することをおすすめします。

 

 

しかし、ずっと「勉強しなさい」と親が促してばかりだと

 

「勉強しなさい」と言われる=勉強しなくてはいけない

「勉強しなさい」と言われない=勉強しなくていい

 

と言う様に、親が言わなかったり、親が不在の時は勉強しない子になってしまいます。

 

それでは、中学受験を乗り切ること、身につく勉強をするのは不可能です。

 

なので、最初の3ヶ月は「勉強しなさい」と言うのはいいですが、

それ以降は控えることをおすすめします。

 

 

 

でも、勉強しない時はどうすれば...

なかなか勉強をしない子供を見て、イライラや焦りを覚える方もいると思います。

しかし、自分が子供の時を思い出してみてください。

 

「勉強しなさい」と言われてやっても、何十時間も勉強できますか?

きっと、3時間以内に集中力は切れてしまいます。

 

「これとこれやったら、お菓子にしようっか」などと言って、

いい方向にモチベーションをあげるようにしてください。

 

 

モチベーションの上げ方については、次回お話ししたいと思います。